短歌誌『玉ゆら』・・・小俣文子による・・・・2009/08/30 18:00

  
  中心のある形態に馴れて目はうつくしとこそ大噴水を
                       
                   (『巌のちから』阿木津 英歌集 短歌研究社)


 2000年から2003年3月までの作者五十代始めの第五歌集『巌のちから』は、雪舟の水墨画に向かい合っている時に生まれた言葉で、2003年その三十首により第三十九回短歌研究賞を受賞と『あとがき』に知る。



  地の芯のふかきを発し盛り上がる巌のちから抑へかねつも



 雪舟の絵のもつ力は、それを観ている作者をも触発し、身の内からの抑えがたいエネルギーとなったのだろうか。



  不語似無憂(いはざればうれひなきににる)と書くそのこころをぞ含むごとくす



 以前、私も東京国立博物館の一室にこの良寛の書が掛けられ、去りがたい気持ちであったことを思う。語(かた)らざればと読んでいたが、〈いはざれば・・・〉とルビをふる作者の"われ"という強い意志にふれたおもいがする。
 静と動、きびしくみつめる目、はげしさ。



  わが深き憎悪したたり落つるべし昏れゆくそらの層断ちたれば



 肩の力をぬけば、気付かなかったことが見えてくる。
「一二三」「いろは」の書を思うこの歌にも心ひかれる。



  白銀(しろがね)の線(すぢ)震ひつつやはらかく風ふくみたり良寛の字は



                    (「歌の本棚」、『玉ゆら』2009.冬号 第23号)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://akitsutanka.asablo.jp/blog/2009/08/30/4549294/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。